魔法少女まどか★マギカ 第5話「後悔なんて、あるわけない」の感想

気になったシーンの感想。

 冒頭は前回描かれなかったさやかさんの契約シーン
最初見た時は「君の祈りは間違い」と聞こえてドキっとした。
 巻き戻ししたらちゃんと「間違いなく遂げられる」と聞こえて安心・・・。ふぅ。

 ここでも思ったけど、なんかキュウベエのセリフが怖すぎますね。
まどかの繋ぎとしてしか考えていないのか期待をしてない感じが伺える。

 瞬きをしない、アップで無表情がでてくるという「人形の怖さ」が前面に出てます。

という事で考えました。キュウベエって元は誰かのぬいぐるみだったのかな?

 お次は契約したさやかさんを心配する場面。
舞い上がってるさやか。
 前回の後悔フラグに加え、不安になるような事ばかり言いますね。
 
 親しい人を思うさやかさんの気持ち。
この状況でありながらも、落ち込むまどかを優しく諭します。


展望台からさやかさんを監視する杏子さんのシーン

 前回のセリフからそのままの自分本位の思想が見て伺えますよこの人。
その利益優先の性格こそが今まで生き残ってた所以かもしれませんが、描写がまた怖いです。

 で、そんな杏子さんの残忍シーンから気になる情報が!

 このキュウベエさんは、ほむらさんと契約してないとのこと。
では前回のキュウベエさんと契約したのか! と謎が深まりますね~。
 こういう場面場面に情報のピース埋め込む作品大好きです。


で、とうとう杏子が襲撃してくるシーン

 残忍すぎますよ杏子さん。
人を犠牲にする事でグリーフシードを獲得しようとするその在り方にさやかさんブチ切れます。
 ただ魔法を使い続けるとジェムの輝きが失われてしまいます。
それを回復させる手段なので自分の命が大事なら、そういう考えもあるのでしょーが・・・。

 とにかくまみさんの在り方が強く心に残ってるさやかさんは闘争心剥き出し。
対決は激化していきます。

 この場面を利用してまどかを魔法少女にさせようとするキュウベエさんもまた怖い。
ピンチに陥ったさやかを救う為、決意もかたまらない内に契約をする!という刹那・・・。

 まどかを魔法少女にさせない為にほむらさんが登場!
時を止めてさやかさんを救います。


 という場面で第5話は終了。


 ほむらさんの力は第1話の冒頭からテレポートかもと思いましたが、
止まった時間の中で動ける力なのかな?

 よくあるピンチに現れるというシーンですが、
次回予告のタイトルが「こんなの絶対おかしいよ」

 えー、なんでまた鬱になるようなタイトルなの!
まさかまだ誰かが死ぬとか?


 今回もドキドキしながら見ましたが、次回はもっとキツいかも。



 今までを見た中で、自分なりに考えた未来のシーン。
皆が死んで、その皆を蘇らせるためにまどか契約。。。

 たぶんこーなるんじゃないかなぁ。
ほむらとまどかだけ生き残って、皆を助けるために契約するとか(EDでそう考えました)
 そんな展開、鬱すぎますがそうなりそうな予感。


魔法少女まどか☆マギカ 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
アニプレックス
2011-03-30

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 魔法少女まどか☆マギカ 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック